「行政書士って、どんなことをする人ですか?」

 これは私たちが日常的に接する質問のひとつです。たしかに普段の生活では、あまり身近に感じることのない職業かもしれません。

 しかしみなさんは、諸々の手続きなどでお住まいの地域の役所などに足を運び、「あぁ、なんて面倒なんだろう」と思うことが多々あると思います。実はそうしたお役所への提出書類の作成と提出をみなさんに代わってするための国家資格が、行政書士なのです

 一回限りの面倒な許認可の手続きを、何十時間もかけて行い、しかも法律を知らなかったばかりに余計に時間がかかってしまったりあとで大きな不利益を被ってしまったり、そうした事態を防ぐために、多少の費用と引き換えに安心を手にして頂く。そのために、まさに行政手続きの専門家として、私たちは存在します。

 他にも、私たちには相続の際の遺産分割協議書を作成したり、法律上有効な遺言書の作成やアドバイスを行ったり、法人や団体等の各種議事録や定款作成、後で問題が起こらないよう様々な契約書を作成したり、と、数千種類にも及ぶ書類の作成やご相談などの仕事があります。つまりは街の皆さんにいちばん身近なところにいる専門家が、行政書士なのです。

 また、行政書士が行える業務は行政書士法によって決まっており、他士業法(弁護士法、税理士法、社会保険労務士法、etc)によって制限されている業務を行うことはできません。逆に行政書士でない方が、行政書士の本来の業務である許認可申請書類の作成、提出の代理について報酬を得て行うことは行政書士法違反となります。

 以下に、私たちの使命及び倫理規定をご紹介します。

行政書士倫理綱領

行政書士は、国民と行政とのきずなとして、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献することを使命とする。

一、行政書士は、使命に徹し、名誉を守り、国民の信頼に応える。

二、行政書士は、国民の権利を擁護するとともに義務の履行に寄与する。

三、行政書士は、法令会則を守り、業務に精通し、公正誠実に職務を行う。

四、行政書士は、人格を磨き、良識と教養の陶冶を心がける。

五、行政書士は、相互の融和をはかり、信義に反してはならない。

 以上のように、私たちの使命は行政と国民との「つなぎ役」となることにあります。建設業をはじめ許認可手続きなどの行政手続きや遺言・相続のご心配事などどうぞ、お気軽に私たちにご相談ください。親身になって、みなさんのお役に立つことが、私たちの使命であり義務なのですから。

 横浜市南区 松本行政書士事務所 行政書士 松本航平 

 

行政書士法による業務分野

 

「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務

 例:農地の転用や売買、飲食店や風俗店、遊戯店の開業許可、会社やNPOなど法人の設立、建設業や自動車運送業などの許可、薬局開設の許可、帰化やビザの取得、著作権などに関すること

「権利義務に関する書類」の作成とその代理、相談業務

 例:贈与、売買、交換、消費/使用貸借、賃貸借、雇傭、派遣/請負/委任、寄託、組合、和解などの契約書、念書、示談書、離婚等各種協議書、内容証明、告訴/告発状、嘆願/請願書、上申書、始末書、定款等、遺産分割協議書、などに関すること

「事実証明に関する書類」の作成とその代理、相談業務

 例:遺言署や相続手続きに関すること、債権・債務に関すること、各種契約書に関すること、公正証書や内容証明、会計記帳業務などに関すること

その他関連業務として「中小企業の支援に関する書類」の作成とその代理、相談業務

 例:ソーシャルビジネス(社会的起業)の支援、許認可事業の承継や譲渡、事業再生、合併や分割、知的資産経営のサポートなど中小企業庁に関連すること

 

事務所概要

 

名称 松本行政書士事務所
代表者 行政書士 松本航平 登録番号第11091267号 神奈川県行政書士会会員
所在地 神奈川県横浜市南区新川町1-2-1 コスモ横浜大通公園207
TEL/FAX 045-326-6492
E―MAIL  info@office-matumoto.com
相談時間 月~日 10時から21時
受付時間 月~土 お電話の場合;10時から18時 メールは24時間365日受付ます